海洋深層水ってなんなの?


海洋深層水ってなんなの?

 海洋深層水とは、一般的に深海すなわち「太陽光が届かない、表層の海水と混ざらない深さ」にある海水のことを言い、およそ水深200~300メートル以上の深海にある海水のことを言います。

 海洋深層水の最大の特徴は、太陽光が届かない深海にあるため、植物プランクトンが光合成を行えず、植物プランクトンの栄養源である、チッ素、リン、ケイ酸などのミネラルが消費されずに豊富に含まれていること!また、カルシウム、マグネシウム、カリウム、亜鉛、鉄など人が生きていく上で必要なミネラルがバランスよく含まれていることです!

 室戸の海洋深層水は、太平洋の北部(オホーツク、アラスカ付近)から深層へ潜り込み、北太平洋の中層(水深約1000メートル)を時計回りにまわり、東経120度、北緯2-度付近から日本へ向かって北上する、水深500~1000mに存在している海水「北太平洋中層水」と呼ばれる海水が起源であると考えられています。

 そして、オホーツク、アラスカ付近から室戸岬まで到達するには、なんと数千年という気の遠くなるような長い年月をかけて、深海を流れてくるんです。

@cosmeで、プロフォンデの口コミをチェック



※インターネット販売は、特別なキャンペーン割引価格にて販売しております。是非!ご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました